AGAの治療

医薬品

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として国内で承認されている薬です。男性ホルモンの働きを抑え、脱毛を抑制する効果があります。一日1回、継続的に服用することで抜け毛の進行を食い止めます。大阪府内にもAGA治療を行うクリニックが多数あります。

More Detail

社会進出と薄毛

鏡を見る女性

女性の社会進出に伴い、ライフスタイルが乱れ、ホルモンバランスが崩れたりストレスを抱えたりして、薄毛に悩む女性が増えています。髪が育つのは夜寝ている間ですので、疲れていても寝る前までには洗髪して頭皮の毛穴の汚れを取り除いておき、発毛を阻害しないようにしましょう。

More Detail

男性だけじゃない脱毛

ヘアケア用品

注意するべき点

女性用育毛剤を使う際は、刺激の強い成分が配合されたものは避けた方が無難です。何か皮膚に異常があった場合には使用を中止し、皮膚科を受診することが必要です。特にアルコールは、育毛剤に配合された成分を溶かす役割や清涼感を与えるため、消毒目的などで配合されている育毛剤もありますが、肌に刺激が強い場合があるため注意が必要です。それが気になる人はできるだけノンアルコール、無香料、無添加と表記されているものを使用すると良いでしょう。しかし、女性の脱毛の原因はストレスや生活習慣の場合もあるため育毛剤を使っても効果がない場合もあります、短い期間に大量に髪が抜けた場合などはストレスによる脱毛の可能性もあるので注意が必要です。

知っておくとよい事

女性の脱毛の原因の一つは女性ホルモンが減少することで起きるものです。そのため女性用の育毛剤は女性ホルモンを補う効果のある成分が入ったものがあります。もし原因が女性ホルモンの減少だとすれば、それに特化した育毛剤を使用すると良いでしょう。育毛剤は薬事法により種類が分かれています、その中で「医薬品」と書かれたものは効能・効果が認められたものであるため、色々な種類から選ぶ際には「医薬品」と表記のあるものを選ぶと良いかもしれません。育毛剤を使う際のポイントは、トラブルがあった場合を除いて、できるだけ使い続けてみることです。髪はそんなにすぐには伸びないので効果が現れるまでにはある程度の期間が必要だからです。

永続的な効果のある増毛

髪の毛

自分の毛を移植するのが自毛植毛とよばれる増毛方法です。大阪ならばクリニックの支店があることが多いので挑戦出来ます。定着しやすいという特徴もありますが、より効果を高めるためには十分なスタッフが手術を行うかどうか、薬物治療を併用するかどうかをチェックすることも大切です。

More Detail